スーモカウンターは本当に信用できるの?

マイホーム購入を目指して色々調べていると、あちこちで見かけるのがスーモカウンターの広告。

 

マンションや家を買う時に相談に乗ってくれるサービスのようですが「無料で使える」という部分に引っかかりを覚えている人も多いのではないでしょうか?

 

世の中には無料で使えるというサービスが数多ありますが、無料といいつつもお金をかけなければ使い物にならなかったり、無料の代わりに広告を見せられていたり、強引なセールスに巻き込まれたりということも珍しくありません。

 

スーモカウンターは信用して利用しても良いサービスなのでしょうか?

 

参考記事:スーモカウンターの評判は良い?実体験で感じたメリットデメリット

 

スーモカウンターとは?

スーモカウンターはリクルートが運営するサービスです。

 

SUUMOで賃貸の情報を扱っているのと同じように、スーモカウンターではマンションや戸建住宅に関する情報を取り扱っています。

 

スーモカウンターの利用にお金はかからず、最初から最後まで誰でも無料で利用できます。

 

スーモカウンターでできること

スーモカウンターでは、注文住宅やマンション、土地の購入についての段取り、やらなければならないことなどを基礎から教えてもらうことができます。

 

個別相談意外にも、各種家づくり講座が用意されており、自分の知りたいことをピンポイントに学ぶことができます。

 

また、要望に合わせて住宅メーカーや工務店を紹介してもらったり、紹介してもらった会社との話し合いの場をセッティングしてもらったりすることもできます。

 

店舗によってはファイナンシャルプランナーとの相談もできます。

 

家づくり講座の内容

スーモカウンターで開催されている家づくり講座の例を紹介します。

 

・初めての注文住宅講座
・1,000万円台で家が立つ!?注文住宅丸わかり講座
・ハウスメーカー、工務店選び方講座
・パパママ必見!子育て世代の家づくり講座
・住宅展示場使い方講座

 

講座も相談同様に無料で利用できますが、一般的にイメージする講座とは違い、基本的に個別対応となる点には注意が必要です。

 

スーモカウンター利用の流れ

予約して事前アンケートに答える

スーモカウンターを使う前には事前予約が必要になります。予約はWEBから簡単に申し込むことができます。

 

アンケートでは家づくりに関する知識量や、家に対しての希望、予算、エリアなどを回答します。

 

当日

スーモカウンターについての基本的な説明を聞いた後、面談に移ります。

 

家づくり講座を申し込んでいた場合は講座が先になります。

 

相談パートでは、事前に答えたアンケートを確認しながら進めて行きます。

 

アンケート項目を一つ一つなぞるため「丁寧で安心できる」と感じる人もいれば「先にアンケートに答えたのにまどろっこしい」と感じる人もいるようです。

 

家づくりの手順や今後の進め方、気をつける部分についても、かなり基本的なことから丁寧に説明してくれます。

 

もし住宅展示場などでそうした説明をすでに受けているのであれば、すでに知っているから飛ばしてくれて構わないと言ってしまうのも良いでしょう。

 

ハウスメーカー・工務店の紹介

要望や相談に応じて、相性の良い住宅会社を紹介してもらえます。

 

3〜4社になることが多いのですが、希望すればそれ以上の数を紹介してもらうこともできます。

 

ただ、比較検討しなければならない数が増えればそれだけ負担も大きくなるため、数が多ければよいというものではありません。

 

住宅会社との面談

紹介してもらった会社との面談については、スーモカウンターがセッティングしてくれます。

 

いちいちアポイントメントをとったり電話番号を伝えたりする手間はありません。

 

面談の場所は各社のショウルームになることが多いのですが、スーモカウンターの場所を貸してくれることもあります。

 

紹介してもらった会社の中に気に入るものがなかった場合は、再度別の会社を紹介してもらうこともできますし、そこでスーモカウンターの利用を止めることができます。

 

スーモカウンターは本当に無料なのか?

スーモカウンター無料で利用できるサービスです。

 

途中で利用を止めても、紹介してもらった会社と契約してもしなくても料金は発生しないことになっています。

 

無料で利用できる理由

スーモカウンターは公式に、登録している建築会社から販売促進費をもらって運営していると回答しています。

 

企業が広告宣伝(販売促進)にかける費用は私達が想像するよりも莫大なものです。

 

テレビCMは1本流すだけで数十万円から数百万円の費用がかかりますし、有名タレントを起用すれば制作費だけで1,000万円を越えます。

 

私達が訪れるモデルハウスの建築も広告のためのものですから、そのための建設費や運営費は販売促進のための費用と言えることになります。

 

スーモカウンターが各地で運営されており、個別のスタッフによる対応となると、運営にはかなりの費用がかかっていることが予想できます。

 

建築会社の登録費も決して安いとは思えません。

 

それでも企業がスーモカウンターに登録するのは、それだけスーモカウンターの影響力が大きいということでしょう。

 

また、スーモカウンターは家が欲しい人のみをターゲットにしていますから、それ以外の人にも届いてしまうテレビCMよりもずっと効率的なお金の使い方だと言えます。

 

では、建築会社がスーモカウンターに支払っている販売促進費はどこから出ているのでしょうか?

 

これは当然、家の建設費ということになります。

 

スーモカウンターでは「同じ建築仕様であればスーモカウンターが紹介したお客様だけ建築費用が高くなることはありません」と回答しています。

 

つまり、その建築会社が建てるすべての家にスーモカウンターなどに支払われる販売促進費が含まれているということになります。

 

スーモカウンターの説明を信じるなら、皆がお金を払っているのなら、スーモカウンターを利用した方がお得ということになるでしょう。

 

スーモカウンターを使うと高くなる?

一方で、スーモカウンターを通じて契約すると金額的に不利になるという口コミも散見されます。

 

ハウスメーカーは契約額のうちいくらかをスーモカウンターに支払わなければならないだとか、スーモカウンター経由の客には値引きをしないといった建築関係者を名乗る口コミは調べればたくさん見つかります。

 

 

スーモカウンターのサービスがどれだけ充実しているかを実感すればするほど、無料で使えるのはおかしいと思ってしまうのは無理もありませんが、匿名の口コミなのであまり信憑性がありません。

 

スーモカウンターのメリットとデメリットを良く見た上で、使った方がいいのかどうか自分でよく考えてみる必要があります。

 

スーモカウンターのメリットとデメリット

スーモカウンターのメリット

家づくりの基本を学べる

スーモカウンターでは家を買うために必要な基礎知識を一通り学ぶことができます。

 

解約から打ち合わせを経て引き渡しに至るまでの道のりを最初に学ぶことで、これから何をやらなければならないかがわかるようになります。

 

その他にも、各種手続きや予算の考え方、住宅ローンの組み方と選び方など、家を買うなら絶対に知っておかねければならない基礎知識を教えてもらうことができます。

 

ハウスメーカーや工務店を紹介してもらえる

たくさんのハウスメーカーや工務店の中から、自分の希望に合わせた会社を探すのはとても大変です。

 

時間も手間もかかります。スーモカウンターではたくさんのデータの中から相性の良いものをピックアップして紹介してもらえるため、調べ物に時間や労力をとられずに済み、その後の家づくりにじっくり時間を描けられるようになります。

 

また、スーモカウンターによって候補を絞ることで複数の会社を比較検討しやすくなるというメリットもあります。

 

住宅価格は建築会社による差が大きく、お得に買うなら似たような条件の会社から見積もりをもらって比べなければなりません。

 

ただ、候補を絞って見積もりをもらう作業は意外に大変で、面倒になって1、2社からもらって止めてしまい、ちょっと高い金額のまま家を買ってしまっている人も多いのが現状です。

 

こうした失敗を防ぐために、情報収集に割く労力を削るのは大切です。

 

スーモカウンター独自の完成保証がある

住宅の完成保証とは、建設途中で会社が倒産してしまっても、追加料金なしで他の会社が工事を引き継ぐというものです。

 

大手ならばまず心配ありませんが、小さな工務店に頼むなら完成保証は絶対に抑えておきましょう。

 

倒産なんてめったにあることではないと思っているかもしれませんが、万が一の事態になると大変です。

 

スーモカウンターのデメリット

深い知識は期待できない

スーモカウンターで学べるのは基本的なことだけです。

 

すでに住宅展示場などで全体の流れや手順などについて聞いている場合は、今更スーモカウンターに行ったところで得るものはない可能性が高いです。

 

また、スタッフの知識は広く浅いため、特定の工法のメリットや設備、機能の特徴といったことが知りたい場合は、それを採用しているハウスメーカーに聞くしかありません。

 

連絡がマメ

スーモカウンターを利用すると、ことあるごとに進捗について確認の電話があったり、アンケートに答えるように催促されたりします。

 

紹介してもらった建設会社と面談をすれば感想や次回の予定などを電話で聞かれます。

 

丁寧なサポートと感じる人もいますが、人によってはしつこいと感じるかもしれません。

 

スーモカウンターはどんな人にオススメ?

スーモカウンターの利用を考えているなら、家づくりの最初に訪れるのがおすすめです。

 

家を買うために何をすればならないのか、全体の流れはどういったものになるのか、など概要を知ることができるためです。

 

反対に、ある程度住宅についてすでに学んでおり、ある程度家づくりを進めてしまっている人にとってはすでに知っていることの方が多くなってしまいやすいです。

 

住宅展示場でも基本的な流れについての説明を聞くことができるため、すでに基本事項を学んでいる人によっては重複する部分が多く、時間の無駄になりかねません。

 

特定の後方や設備、技術など専門的なことについては、広く浅い知識を持つスーモカウンターのスタッフよりも、各住宅会社の営業の方がずっと深い知識を持っています。

 

目的や用途に合わせて、利用するサービスや相談相手を選ぶことが大切になります。

 

スーモカウンターを始めとした紹介サービスによる料金上乗せについては、いち消費者には確かめようがないことです。

 

ただ、こうしたサービスによって情報収集や勉強に使う時間を大幅に短縮しやすくなるのは確かです。

 

忙しい人ならスーモカウンターを使って家づくりそのものに時間を割いた方が満足のいくできになるでしょうし、時間がふんだんにあるなら自力で建設会社を探すのも良いでしょう。

 

スーモカウンターで講座を受けたら必ずスーモカウンターで契約しなければならないというルールもないため、講座だけ使って後は自力で選ぶという使い方もアリです。

 

また、利用したい建設会社に完成保証がない場合は、スーモカウンターの利用を強くおすすめします。

 

例えスーモカウンターの利用で建設費用に上乗せがあったとしても、完成保証なしに建設会社が倒産してしまった時のリスクの方が遥かに高くなるためです。

 

一方で、大手ハウスメーカーを検討している場合は、スーモカウンターを使うメリットは少なくなります。

 

大手ならそもそも倒産のリスクが低く、ハウスメーカー自体が家づくりに関する講座を持っていることも多いためです。

 

住宅展示場やショールームなどで知る機会も多く、わざわざ間にスーモカウンターを挟む必要はありません。

 

参考記事:スーモカウンターの評判は良い?実体験で感じたメリットデメリット

このページの先頭へ戻る